ビーズクッションの洗い方はこれでOK!失敗しないポイント教えます

ビーズクッションを毎日使うなら定期的に洗って生活に使いたいですよね。

まず確認したいのは、以下の2点。

  • ビーズクッション本体が洗えるのかどうか(洗濯表記を確認)
  • ビーズクッションのサイズ

そして、ビーズクッション自体が洗えるなら、小さいサイズなら洗面台で、大きいサイズなら浴槽で洗う方法があります。

この記事では、ビーズクッションを洗う際に気をつけるべきポイントを、具体的に解説していきます。

誤った洗い方はクッションの寿命を縮めかねないため、正しい知識を身につけ、愛用のクッションを守りましょう。

ビーズクッションの洗濯可能性をチェック

ビーズクッションは、その素材によって洗濯の可否が異なります。

例えば、EPSビーズやEPPビーズを使用したクッションは、カバーが取り外し可能なものであれば、家庭用洗濯機で洗うことができます

カバーを洗濯する際は、洗濯ネットに入れると安全です。

一方、ビーズそのものが水に弱い素材でできている場合、水洗いは避け、定期的に風通しの良い場所で陰干しすることが推奨されます。

また、ビーズクッションを長持ちさせるコツとして、使用後はしっかりと形を整え、直射日光を避けることが大切です。

洗濯表示の確認方法

多くのビーズクッションはカバーと中材に分けて洗うことができ、カバーは洗濯機で丸洗い可能なものが多いです。

しかし、中材のビーズは水洗いできないことが一般的です。

洗濯表示には水温の指定や手洗いのみ可など、具体的な洗い方が記載されているため、それに従うことが大切です。

表示が不明瞭な場合は、メーカーの公式サイトを参照するか、直接問い合わせをするのが確実です。

自宅で洗えるビーズクッションの見分け方

自宅で洗えるビーズクッションを選ぶ際、重要なポイントがいくつかあります。

最初に確認すべきは、カバーが取り外し可能かどうかです。

多くの製品では、カバーを洗濯機で丸洗いできるようになっています。

また、素材にも注目しましょう。

ポリエステルやナイロンなどの合成繊維は水洗いに強い傾向があります。

次に、中材のビーズが水に強い素材でできているかをチェックします。

EPS(発泡ポリスチレン)ビーズは水洗い可能で、乾燥も早いためおすすめです。

ただし、全てのビーズクッションが水洗いできるわけではないので、購入前には必ず商品の洗濯表示を確認してください。

ビーズクッションのお手入れ方法

まず、カバーが取り外し可能な場合は、定期的に洗濯しましょう。

ほとんどのカバーは洗濯機で洗えますが、素材によっては手洗いが適していることも。

洗濯表示を確認の上、適切な方法で清潔に保ってください。

ビーズ自体の清掃が必要な場合、湿った布で軽く拭き取るか、掃除機のブラシアタッチメントを使用して表面のホコリを除去します。

ただし、ビーズを水洗いすることは避けてください。水分がビーズの中に入り込むと、中でカビが発生する原因になりかねません。

また、直射日光の下で長時間放置すると色褪せの原因にもなるため、風通しの良い日陰で乾かすことをお勧めします。

これらの手順を定期的に行うことで、ビーズクッションを長く快適に使用することができます。

洗濯ネットを使った洗い方

ビーズクッションの洗い方には、洗濯ネットが欠かせません。

まず、ビーズクッションのカバーを取り外し、洗濯ネットに入れてください。洗濯機の設定は「手洗いモード」や「デリケートモード」が最適です。

強い水流はビーズを傷める恐れがあるため、優しく洗うことが重要です。洗剤は中性洗剤を使用し、30度以下のぬるま湯で洗うと良いでしょう。

洗濯後は形を整えてから陰干しすることがポイントです。直射日光は避け、風通しの良い場所で乾かすことがカギとなります。

この方法であれば、ビーズクッションを長持ちさせながら、清潔に保つことができます。

手洗いでの洗い方

ビーズクッションの洗い方には、特別な注意が必要です。

まず、カバーを取り外し、洗濯機で洗える場合はそれに従ってください。カバーが洗濯機不可の場合や、ビーズそのものを洗いたいときは、手洗いが適しています。水かぬるま湯を用い、優しく押し洗いをしましょう。

強くこすったり、絞ったりするとビーズが破損する恐れがあります。洗剤を使用する場合は、中性洗剤を薄めて使い、しっかりとすすぎを行うことが重要です。洗い終わったら、直射日光を避け、風通しの良い場所で自然乾燥させてください。

ビーズクッションは、正しい手順で丁寧に扱えば、長く快適に使い続けることができます。

大きいサイズの洗い方

クッションが大きい場合は、浴槽に温水を満たし、適切な量の洗剤を加えてください。

ぬるま湯でやると洗剤が溶けやすく、汚れも落ちやすくなります。

特に汚れや臭いが強い場合は、クッションを約30分間水に浸すことが効果的です。

洗浄する際には、パン生地をこねるようにしてクッションを手洗いしましょう。

お湯が汚れてきたら、きれいな水に交換してすすぎ作業に移ります。

汚れが気になるなら、水を交換して洗剤をいれた新しい温水で洗うようにしましょう。

水がきれいになるまで、同様にクッションを揉みながらすすぎを何度も行ってください。

水分を取り除く際は、クッションをバスタオルで包み込み、押し付けて水を吸い取る方法が効果的です。

もし洗濯機で処理できるサイズであれば、脱水機能を使うこともできますが、高速で長時間脱水すると、生地が痛む可能性があるため、高速回転が始まったら約10秒で停止することをおすすめします。

乾燥させる際のポイント

ビーズクッションのなかまでしっかりと乾燥させないと、カビや臭いの原因になりかねません。

そして直射日光を避け、風通しの良い場所で陰干しを行いましょう。

中のビーズを直接日光にさらすと、ビーズを劣化させる原因になることもあります。

また、乾燥機の使用は避け、自然乾燥を心がけることが大切です。

生地が痛むことを防ぐため、定期的にクッションをひっくり返し、ムラなく乾かすこともポイントです。

ビーズクッションを長持ちさせるためには、これらのポイントを守り、丁寧にお手入れすることが欠かせません。

長く清潔に使うためのコツ

ビーズクッションはリラックスタイムの必需品ですが、清潔に保つことが大切です。まず、カバーを定期的に洗いましょう。

多くのビーズクッションは取り外し可能なカバーが付いており、洗濯機で丸洗いできます。

ただし、洗濯表示を確認し、手洗い推奨やドライクリーニングのみの製品もあるため注意が必要です。また、ビーズ自体の洗い方も重要です。

ビーズクッションの洗い方には、消臭剤の適切な使用が欠かせません。