ニトリのビーズクッションカバーの代用はこれ!最適な一品をご紹介

商品レビュー

「ニトリのビーズクッションカバーが古くなってきたから新しいものに変えたい!」

そんなあなたの悩みを解決するために、この記事では「ビーズクッションカバー代用」の選び方から、お手頃価格で見つけるコツ、おすすめ商品、さらには自宅で簡単にできるDIY方法まで、幅広くご紹介します。

ビーズクッションのカバーを変えるだけで、リビングの雰囲気は一新され、あなたのくつろぎ時間がもっと豊かになります。

この記事を読むことで、あなたのビーズクッションが新しい命を吹き込まれること間違いなしです。

ぜひ、最後までお読みいただき、あなたにぴったりのビーズクッションカバーを見つけてください。

ニトリ
¥1,490 (2024/05/18 22:35時点 | 楽天市場調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

ニトリのビーズクッションカバーの代用はコレ

ニトリで人気の四角いビーズクッションには以下のサイズがあります。

  • 大サイズ
  • 標準サイズ
  • ミニサイズ

それぞれのサイズは以下です。

サイズ
大サイズ幅65×奥行65×高さ45cm
標準サイズ幅44×奥行44×高さ30cm
ミニサイズ幅35×奥行35×高さ23cm

これらのサイズに当てはまるビーズクッションカバーなら、ニトリのビーズクッションカバーとして代用できます。

そしてニトリの大サイズのビーズクッションカバーの代用には無印良品がおすすめです。

無印良品の体にフィットするソファのカバーサイズは、幅65×奥行65×高さ43cmと、ニトリより高さが2cm小さいです。

少しチャックは締めにくくはなるのですが、ニトリのビーズクッション大サイズを入れることができます。

ただし、値段を比較すると、ニトリのビーズクッションカバーのほうが安いです。

ニトリ
¥1,490 (2024/05/18 22:35時点 | 楽天市場調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

ニトリのビーズクッションカバーにはニトリ

ニトリのビーズクッションカバーには、当然ですがニトリのビーズクッションのカバーが最適です。

ニトリで人気のひんやりするNクールカバーもあるので、いつもは通常のカバー、夏はNクールカバーと付け替えることもできます。

ビーズクッションカバーによっては、夏は暑く感じることもあるので、Nクールで涼しく快適に過ごしたいですよね。

そこで、定評のあるニトリのNクール素材なら、夏も快適にビーズクッションを使うことができますね。

ニトリ
¥1,990 (2024/05/18 22:35時点 | 楽天市場調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

ビーズクッションカバー代用の選び方

ビーズクッションカバー代用の選び方について解説します。

① カバーの基本特徴

ビーズクッションカバーは、肌触りや耐久性が重要なポイントです。素材によって特徴が異なり、ポリウレタンは伸縮性に優れ、コットンは自然な感触が特徴です。

カバーは直接肌に触れるため、触り心地を重視するのが良いでしょう。また、色落ちや摩擦に強い素材を選ぶことも大切です。ビーズクッション自体は流動性の高いビーズが入っており、フィット感の高い座り心地が魅力です。

② 選び方のポイント

カバーを選ぶ際は、サイズと素材に注意しましょう。

クッションのサイズに合ったカバーを選ぶことが重要です。

また、伸縮性や耐久性に優れた素材を選ぶことで、長く快適に使用できます。カバーのデザインや色も、お部屋の雰囲気に合わせて選ぶと良いでしょう。

③ 予算に優しい選択

予算に優しいカバーを選ぶためには、価格比較サイトやセール情報をチェックするのがおすすめです。また、無印良品やニトリなどのブランドは、コストパフォーマンスに優れた商品を多く取り扱っています。オンラインショップやアウトレット商品を利用することも、予算を抑える方法の一つです。

④ ニトリと無印の比較

ニトリと無印良品のカバーを比較すると、ニトリはコストパフォーマンスに優れ、無印良品は素材やデザインの品質が高いとされています。ニトリのカバーは手頃な価格で購入でき、無印良品のカバーはシンプルで上質な素材を使用していることが多いです。自分の好みや使用環境に合わせて選ぶと良いでしょう。

安いビーズクッションカバーの探し方

安いビーズクッションカバーの探し方について詳しく見ていきましょう。

① オンラインでの探し方

オンラインショッピングサイトは、安いビーズクッションカバーを見つけるのに最適です。楽天市場やAmazonなどで、価格比較やレビューを確認しながら選ぶことができます。特に楽天市場では、多くのショップから様々な価格帯のカバーを見つけることが可能です。 セール時期を狙うと、さらにお得に購入できるでしょう。

② 実店舗での探し方

実店舗での探し方も重要です。ニトリや無印良品などの家具店では、手頃な価格のビーズクッションカバーを見つけることができます。店舗によっては、展示品のセールやアウトレット商品があることもあります。実物を見て触れることができるので、購入前に品質を確認できるのがメリットです。

③ 口コミとレビュー活用

口コミやレビューを活用することも大切です。他のユーザーの意見や評価を参考にすることで、実際の使用感や品質を知ることができます。特にオンラインショッピングでは、商品の詳細ページに多くのレビューが掲載されていることが多いです。購入前にこれらの情報をチェックすることで、失敗の少ない選択が可能になります。

ビーズクッションカバー代用のおすすめ商品

ビーズクッションカバー代用のおすすめ商品について見ていきましょう。

① ニトリのおすすめ

ニトリのビーズクッションカバーは、手頃な価格で購入できることが魅力です。ニトリのカバーは、発砲ビーズの流動性を活かし、様々な姿勢にフィットする設計が特徴です。 また、カバーのデザインも豊富で、インテリアに合わせやすいのもポイント。耐久性とコストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

② 無印良品の選び方

無印良品のビーズクッションカバーは、シンプルで上質なデザインが特徴です。素材の品質にこだわり、肌触りが良く、耐久性にも優れています。無印良品のカバーは、洗練されたデザインでリビング空間を格上げする効果も期待できます。シンプルで長く使えるカバーを求める方には、無印良品がおすすめです。

③ 他ブランドの良品

他のブランドからも、魅力的なビーズクッションカバーが多数販売されています。例えば、オンラインショップや家具専門店では、様々なデザインや素材のカバーを見つけることができます。ユニークなデザインや特殊な素材を使用したカバーは、お部屋のアクセントになることも。自分の好みやインテリアに合わせて選ぶと良いでしょう。

DIYでビーズクッションカバーを作る

自宅でビーズクッションカバーをDIYする方法について解説します。

① 自宅でのカバー作り

自宅でビーズクッションカバーを作るのは、意外と簡単です。必要なのは、好みの生地、縫製用具、そして少しの時間と根気です。 まずは、クッションに合ったサイズの生地を選びます。生地は、肌触りが良く、耐久性のあるものがおすすめです。次に、生地をクッションの形に合わせてカットし、縫い合わせます。ファスナーやボタンを付けることで、カバーの取り外しが容易になります。

② 必要な材料と手順

カバー作りに必要な材料は、生地、糸、針(またはミシン)、ファスナーまたはボタンです。手順としては、まず生地を二つに折り、クッションのサイズに合わせてカットします。その後、三辺を縫い合わせ、残りの一辺にファスナーまたはボタンを取り付けます。最後に裏返して、クッションを入れれば完成です。

③ オリジナリティの出し方

DIYでカバーを作る最大の魅力は、オリジナリティを出せることです。生地の選択、色、柄、装飾などを自分好みにカスタマイズできます。 例えば、部屋のテーマに合わせた生地を選んだり、刺繍やパッチワークで特別なデザインを加えることができます。自分だけのユニークなカバーを作ることで、インテリアに個性を加えることができます。

ビーズクッションカバーの長持ちさせるコツ

ビーズクッションカバーを長持ちさせるためのコツについて解説します。

① 日常のお手入れ

ビーズクッションカバーの日常的なお手入れは、長持ちさせるために非常に重要です。カバーを洗う際は、生地を傷めないように洗濯ネットを使用し、おしゃれ着用洗剤を使うと良いでしょう。 乾かすときは、色あせを防ぐために日陰干しを推奨します。また、素材によっては水洗いが不適切な場合もあるので、洗濯表示を確認することが大切です。

② 交換頻度とタイミング

カバーの交換頻度とタイミングも、長持ちさせるために重要です。カバーは同じ面で長時間使用すると劣化しやすいため、定期的に使用する面を変えることがお勧めされています。また、カバーが汚れた場合は、早めに洗濯することで、長期間清潔に保つことができます。

③ 耐久性向上の小技

ビーズクッションカバーの耐久性を高めるための小技もあります。例えば、カバーの素材選びに注意することが挙げられます。ポリエステルやポリウレタンなどの伸縮性に優れた素材は、ビーズの動きに合わせて生地が伸び、長期間の使用に耐えることができます。また、カバーの内側に補強布を縫い付けることで、摩耗を防ぐことも可能です。

まとめ|ビーズクッションカバーで新しいリビングの快適さを

カテゴリ内容
カバーの選び方素材やサイズ、耐久性を考慮
予算に優しい探し方オンラインショップや実店舗での比較
おすすめ商品ニトリと無印良品のカバー比較
DIYカバー作り自宅で簡単に作れる方法
長持ちのコツ日常のお手入れと交換頻度

この記事を通して、ビーズクッションカバーの選び方から、予算に優しい探し方、おすすめ商品、DIYでの作り方、そして長持ちさせるコツまで、幅広くご紹介しました。

ビーズクッションカバーを新しくすることで、リビングの雰囲気を一新し、快適なくつろぎ空間を再創造できます。ぜひ、この情報を活用して、あなたのリビングをもっと素敵な空間に変えてみてください。