ヨギボー破れたときは自分でリペアできる?100均アイテムで直す方法についても

ヨギボーを長年愛用していると、カバーが薄くなって破れることがあります。

小さい穴だとしても、だんだん広がり、中のビーズがこぼれ出てしまうこともあるので、早めに破れを補修しておきましょう!

ヨギボーの破れにはリペアサービスがあり、ヨギボー店舗に送るとヨギボー側で破れを直してくれます。

また自己責任ではありますが、自分で破れの補修をすることもできます。

ここではヨギボーが破れたときの対処法について解説します。

ヨギボーの外側カバーが破れたら

ヨギボーでは修理できない

ヨギボーにはリペアサービスというサービスがありますが、このなかに破れの補修は入っていません。

以前に、破れたカバーの補修サービスを行っていましたが、そのサービスは終了してしまったようです。

自分で直す

最も簡単な方法は、破れた部分を縫うことです。

破れが小さく、縫製が得意であれば、針と糸を使って縫い合わせることができます。

ただし、ヨギボーは柔らかい素材なので、縫い方や糸の種類によっては逆に破れが広がってしまうこともあります。

目立たない箇所が破れたのであれば、貼って補修できるテープでもいいかもしれません。

アイロンをかけるタイプの補修テープはNGです。

外側のカバーはアイロンがけは禁止されているので、熱が加わるとカバーの変形や破れにつながります。

ですので、貼るタイプの補修シートなどがいいです。

\ポイント最大11倍!/
楽天市場

買い替える

ヨギボーの外側カバーのみの購入もできます。

破れのタイミングで違う色にして雰囲気を変えてみるのも手です。

外側カバーを購入するときはサイズを間違えないように注意です。

Yogibo(ヨギボー)
¥13,090 (2024/02/20 14:42時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

ヨギボーのインナーカバーが破れたら

ヨギボーリペアサービスを利用する

ヨギボーリペアサービスでは、外側カバーのクリーニング、インナーカバーを新品に取り換え、インナービーズの補充も行ってくれます。

このときに、インナーカバーを新品に変えてくれるので、破れも直って戻ってきます。

ただし、ビーズが漏れてインナーの重量が不足したときはリペアを断られる可能性もあるようです。

インナーカバーが破れました。リペアサービスに出せますか?

リペアの際は、インナーカバーが新品となりますのでリペアサービスは可能です。
※ビーズ漏れによりインナーの重量不足が発生した場合、リペアをお断りさせていただく場合がございます。

ヨギボーFAQ

>>ヨギボーリペアサービスについて

買い替える

インナーカバーのみは販売していませんが、外側カバーがないインナーだけの販売があります。

インナーは洗うことができないので、子供がジュースをこぼして濡れてしまった、ペットが粗相して汚れてしまったという場合は、インナーごと買い替える、ということになります。

インナーの価格は、ヨギボーを新しく買うよりも安いです。

種類新品インナーのみ
ヨギボーマックス 32,890円(税込)19,800円(税込)
Yogibo Short 28,490円(税込)17,600円(税込)
Yogibo Midi18,700円(税込)29,590円(税込)
Yogibo(ヨギボー)
¥17,600 (2024/02/19 22:19時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

自分で直す

破れた箇所によっては、自分で直すこともできます。

例えばインナーカバーの隅がほつれていたりしたら、縫い合わせればなんとかなります。

それ以外の箇所が破れていたら、直し方によっては逆効果となることもあるので、自己責任ですが縫い合わせてみたり、補修テープを貼ってみるといいかもしれません。

まとめ

ヨギボーの外側カバーやインナーカバーが破れた場合は、破れた箇所や程度によっては自分で治すこともできます。

しかし、かなりの大きさの破れなど自分で直せなさそうな場合は、買い替えるしかありません。

外側カバーなら、違う色にして気分を変えるというのはいいかもしれません。

インナーカバーはリペアサービスで新品に交換できる場合もあれば、難しい場合もあります。

そのときはインナーごと買い替えることになるでしょう。

どれがいいか判断に迷うときはヨギボーに相談してみてもいいかもしれません。