ヨギボーマックスとプレミアムの違いを比較!価格やカバー素材などどっちがいいかを徹底解説

ヨギボーマックスとヨギボーマックスプレミアムの違いは、スタンダードをさらに改良したもの。

見た目は一緒ですが、以下の点が違います。

  • 価格の違い(ヨギボーマックス32780円(税込)、ヨギボーマックスプレミアム54780円(税込))
  • 耐久性の違い
  • 熱伝導率の違い
  • オリジナルタグの有無

ヨギボーマックスプレミアムは、ヨギボーマックスと比較すると、耐久性が3倍、熱がこもりにくいという部分が改良され、より快適にヨギボーを使うことができるようになりました。

そのため、ヨギボーマックスプレミアムの値段もかなり高めになっています。

でもそこまでお金を払ってまで違いがあるのか?なんて、正直思ってしまいますよね。

そこでヨギボーマックスとプレミアムの違いを徹底的に比較してみました。

▼ヨギボーマックス

Yogibo(ヨギボー)
¥32,890 (2024/02/17 23:52時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

▼ヨギボーマックスプレミアム

\ポイント最大11倍!/
楽天市場

ヨギボーマックスとヨギボーマックスプレミアムの違いを比較

ヨギボーマックスとヨギボーマックスプレミアムの違いとしては、以下のことがあげられます。

  • 価格の違い(ヨギボーマックス32780円(税込)、ヨギボーマックスプレミアム54780円(税込))
  • 耐久性の違い
  • 熱伝導率の違い
  • オリジナルタグの有無

それぞれ詳しく解説します。

価格の違い

  • ヨギボーマックス…32780円(税込)
  • ヨギボーマックスプレミアム…54780円(税込)

プレミアムは、スタンダードに比べると、価格は約1.5倍!

見た目は同じなのに価格差がすごいです。

この価格差の理由は、耐久性の違い熱伝導率の違いに関係します。

耐久性の違い

ヨギボーマックスプレミアムは、耐久性が3倍に向上しました。

これは、従来のヨギボー充填物ビーズが発泡スチロール素材(EPS)を使用していたため、徐々にへたるという課題を解決するためです。

通常のヨギボーマックスの充填ビーズは1袋あたり税込みで2750円で、1回の補充には1〜2袋が必要です。

しかも、従来のビーズは耐久性がそれほど高くなかったため、頻繁に補充が必要でした。

ヨギボーマックスプレミアムでは、ビーズの材質を変更し、それがプレミアムビーズと呼ばれる改良ビーズです。

これにより、へたりが1/3に軽減され、科学的な検証で体積半減率が16%から5%に低減されました。

補充用のプレミアムビーズは1袋あたり税込みで4620円です。

ヨギボーマックスプレミアムは本体とビーズが高価ですが、通常のヨギボーマックスと比較すると、補充頻度が低いため、1年に1度の補充ではなく、2~3年に1度の補充と回数が減ります。

そのため、補充にかかる価格の差はあまり気になりません。

なお、通常のヨギボーマックスにプレミアムビーズを補充すると、異なるビーズが混在するのでリペアサービスが受けられない可能性があるため、注意してくださいね。

熱伝導率の違い

ヨギボーは体にピッタリと沿うアイテムなので、熱がこもりやすく蒸れるという欠点がありました。

その欠点を解決するため、プレミアムビーズは熱の伝導率が向上し、これにより従来のものと比べて熱がたまりにくくなりました。

それによって快適な温度を保つことができるため、蒸れ感が劇的に軽減され、長時間快適に使えます。

この特長が、製品の価格に反映されているのですね。

オリジナルタグの有無

ヨギボーマックスプレミアムには、独自のタグがアウターカバーに取り付けられています。

一方、通常のヨギボーマックスにもタグはついていますが、これは他の商品に一般的に付いているヨギボータグと同じものです。

そして、ヨギボーマックスプレミアムカバーは、抗菌防臭加工が施されているので、通常のヨギボーカバーよりも価格は高めになっています。

ヨギボーマックスがオススメな人

  • 体重が重くない
  • 激しい使い方をしない、使う頻度が少ない
  • 費用を安く抑えたい

ヨギボーマックスの充填ビーズは、保温性に優れた発泡スチロール素材でできています。

夏場でさえクーラーの設定に悩む方々にとって、このビーズは冷えから身を守ってくれるでしょう。

特に女性や激しい使い方をしない方々にとっては、ビーズがあまりへたらず、補充が少なくて済むでしょう。

ヨギボーマックスプレミアムがオススメな人

  • 汗っかき
  • 男性など体重が重い
  • 使う頻度が高い、アクティブに使う

暑さが苦手な人や汗をかきやすい人は、プレミアムビーズのほうが快適に使える可能性が高いです。

また小さい子供がヨギボーにダイブしたり、頻繁に使うことがあるとビーズのへたりが早くなります。

そのためビーズの耐性が強いプレミアムビーズなら、補充が少なくて済むので、長く快適に使用できます。

まとめ

ヨギボープレミアムは、通常のヨギボーのビーズを改良し、さらに快適にヨギボーを使えるように進化したシリーズ。

お値段はそれなりに高めですが、その分快適にヨギボーを使えるようになっています。

毎日使うなら、快適なほうがやっぱりいいですよね。

ヨギボーはふるさと納税もあるので、ぜひ検討してみてくださいね。